早期対策M字ハゲ予防が大事な本当の理由

M字ハゲに効かせる育毛剤なら

M字ハゲ専用育毛剤だから、M字ハゲに効果的!


キャピキシル5.0%、ピディオキシジル2.0%、カプサイシンなど


成長成分10種類配合




⇒ 専門家が推奨!〇〇が減れば、髪が増える!!!

生まれつきのM字ハゲなんてあるわけない!の嘘

 

生まれつきのM字ハゲとは、その呼び方の通りで

 

元々オデコがM字型になっている状態のことです。

 

天然ソリコミとも言えるでしょう。

 

ここでポイントになるのは、

 

「元々のソリコミ部分」や「生まれつき」という点です。

 

このようなパターンだと、

 

生え際や毛髪も細くならずしっかりしていますし、

 

決してハゲとは言えません。

 

生まれた赤ちゃんの頃から、たまたまこの髪型だったわけですから。

 

もちろん、頭頂部もフサフサあります。

 

単純に元々生まれつきのそういった形というわけなのです。

 

ただ、問題になるのが、将来的には進行するのか?という部分と、

 

生まれつきとは言え、オデコの両サイドが多少食い込んでいる

 

形のため、髪型によっては薄毛と見間違えられてしまうという

 

ある意味つらい面があります。

 

生まれつきのソリコミ部分とは言え、

 

加齢とともにその上のエリアの薄毛の進行が

 

少しづつあるという可能性はあります。

間に合わなくなり前に急いで!早期対策M字ハゲ予防が大事な本当の理由

 

M字はげは親から子へ遺伝すると言われており、

 

「遺伝性薄毛」とも呼ばれています。

 

M字ハゲを発症する原因は人によってそれぞれ異なりますが、

 

ほとんどのM字ハゲは「男性ホルモンの過剰分泌」によって

 

発症すると考えられています。

 

男性ホルモンには、人間の生命活動を支える重要な役割がありますが、

 

額の生え際の両サイド部分にはこの男性ホルモンを薄毛の

 

原因物質へと変えてしまう「還元酵素」が無数に存在しています。

 

そのため、男性ホルモンが過剰に分泌されてしまうと血流に乗って

 

運ばれたホルモン物質が、生え際の両サイド部分で

 

薄毛の原因物質へと変わり、

 

結果的にM字ハゲを引き起こしてしまうのです。

 

M字はげの症状が目立つほど範囲を広げておらず、

 

短い年月で発毛を叶えようと思っているのであれば、

 

プロペシアはじめ、ミノキシジルなどなどの服薬治療であっても影響はないでしょう。

 

そのような服薬治療では副作用の事例が数多く報告されています。

 

ですから、副作用のリスクを知ってM字はげ治療を行ったとしても、

 

逆に頭皮がかぶれて毛がゴッソリと抜けたり

 

体毛が異常に濃くなってしまっては元も子もありません。

 

安全性を考えて早めの対応がM字はげ対策に一番必要な事なのです。

 

また、M字ハゲの原因としてはストレスや

 

生活習慣の乱れによる頭皮環境や血流の悪化も挙げることができます。

 

通常、人の身体はストレスを感じると自律神経に

 

乱れが発生して全身の血管が収縮し、

 

各部位で血行不良を引き起こしてしまいます。

 

それは頭皮も例外ではなく、血行不良に陥った頭皮では

 

血流によって運ばれるはずだった栄養素が

 

髪の毛へ十分に行き届かず、栄養不足に陥った髪の毛が

 

痩せ細って薄毛を発症します。

 

また、油分の多い食生活や睡眠不足が続くと頭皮の皮脂が

 

増加したり髪の毛の成長が遅れる等、

 

M字ハゲを引き起こしやすい環境へと変わってしまうので注意が必要です。

 

M字ハゲになってしまったらそこから回復を目指すには

 

長い時間と労力が必要となってしまいますが、

 

事前に予防策を施しておけばM字ハゲを

 

発症するリスクを低くする事が可能です。

 

特に既に薄くなってしまっている場合は、

 

早めに頭皮ケアをしたり、育毛剤の使用をお勧めします。

 

育毛剤は数多く販売されていますが、

 

医学的に発毛作用が確認されている薬品2種類だけなのです。

 

1 ミノキシジル(商品名ロゲイン、リアップ)

 

2 フィナステリド(商品名プロペシア)

 

前者は頭皮につける外用薬、血管拡張作用によって

 

発毛を促すといわれています。

 

頭髪だけでなく、全身の毛を増やす作用があります。

 

後者は内服薬で、男性ホルモンの作用を抑制し、

 

脱毛を防止するとともに発毛を促す薬品。

 

アメリカの製薬会社メルク社が開発、日本でも、

 

2005年10月11日に厚生労働省の承認を受け、

 

保険外診療として医師の処方箋に基づいて使用できるようになりました。

 

しかし、この薬が誰にでも効くかと言うとこれはまた、

 

個人差があり場合によっては抜け毛が進行する場合もあるのです。

 

これ以外にも多種多様な育毛剤が販売されています。

 

しかし安易な利用は逆効果の可能性もあるので

 

事前の情報集が非常に大切です。

 

また、皮膚科での治療という選択もあります。

 

M字ハゲを予防するためには

 

まず第一に「規則正しい生活習慣」を心掛けることが大切です。

 

M字ハゲに関わらず全ての薄毛は「頭皮環境の悪化」に

 

よってそのリスクが高まります。

 

そのため、日頃から乱れた生活習慣を送っているだけで

 

頭皮の皮脂量が増えたり頭皮の乾燥を引き起こすなど、

 

頭皮環境が悪化するリスクを抱えてしまいます。

 

M字ハゲを含めた、全ての薄毛に繋がらない為にも

 

日頃から規則正しい生活を心がけ、頭皮環境を

 

正常に保つ事で薄毛の予防策を施しておくことが大切です。

 

また、M字ハゲは男性ホルモンの働きによって発症するケースが多いため、

 

若い頃から男性ホルモンの分泌を抑制する薬などを

 

服用しておく事もM字ハゲの有効な予防策となります。

 

その上で、M字ハゲに似合う髪型など参考にすれば

 

髪がフサフサに治るまで、うまく外見を整えることができるでしょう。

 


やっぱり育毛剤は効く!これなくしてM字ハゲは治らない!

 

ある有名な育毛剤の製造会社でさえも、

 

「M字ハゲは、この育毛剤では治しにくい」と表示しているほど、

 

M字ハゲ対策は難しいものなのです。

 

日本皮膚科学会が推奨度Aにしている「ミノキシジル」を含んだ

 

育毛剤ですら、M時ハゲには効果がでにくいと言っているくらいです。

 

生え際の薄毛で一番重要なのは、

 

今以上生え際を後退させたくないということです。

 

そこで今ある毛髪をしっかりと育てて、

 

力強いハリ・コシのある髪を維持しましょう。

 

そのためにはやはり頭皮環境を整えて、

 

育毛に必要な栄養を頭皮全体に届けることのできる

 

育毛剤が必要になります。

 

育毛剤に期待するのは脱毛の改善だけではありません。

 

やはり毎日育毛ケアをしていく上で、

 

新たな発毛も期待したいところ。

 

生え際の薄毛の抑制だけでなく、

 

改善といった面では発毛を促す効果も重要なポイントになります。

 

発毛の喜びは、毎日のケアをさらに向上させ、

 

悩みの改善に前向きに取り組むためにも大変重要です。

 

育毛剤に期待したい効果としては、

 

この毛髪をどう育毛していくかということです。

 

必要な栄養素をしっかりと毛髪や頭皮に届け、

 

髪の毛1本1本が力強く根付く力をつける必要があります。

 

育毛剤にはそういった髪本来の力強さを

 

取り戻すための効果も必要になります。

 

M字ハゲ,予防,対策

M字ハゲ予防なんて不可能!? 遺伝でも諦めない対策が必要な・・・

今、男性型脱毛症で悩んでいる方がとても多いです。

 

これは、遺伝というよりも、生活習慣が原因のことが多いです。

 

たとえば不規則な生活、睡眠不足であったり、

 

脂っぽい食事になってしまったりと、

 

現代の生活習慣が崩れているという背景も関係しているのです。

 

このAGAというものですと、プロペシアを処方されて

 

服用することで大分改善できるのですが、

 

遺伝の場合には効果を期待するのは難しいです。

 

しかし、M字のハゲの場合ですと、

 

育毛剤を使うことで予防することが可能です。

 

できれば、症状が出る前から使うということが理想的です。

 

若いころからのケアがとても重要なのですが、

 

頭皮の状態を良好にしておくことというのは、

 

新しい髪の毛が生えてくるということに関してとても大事なことになります。

 

M字ハゲというのは、見た目にもコンプレックスになりやすいものですし、

 

やはり恋人や家族でそうなってほしくないと思っている女性も多いのです。

 

 

育毛剤、発毛剤、養毛剤の違い きりんと知るべき明確な違いとは?

育毛剤、発毛剤、養毛剤の違いを知っておきましょう。

 

育毛剤や発毛剤の薬機法上の正しい広告規制を

 

検討する前提として、

 

育毛剤と発毛剤、養毛剤のそれぞれの違いを見てみましょう。

 

発毛剤について

 

まず、一番強力な効果があるのが発毛剤です。

 

これは、毛が抜けてしまった場合に、

 

再度新しく毛を生えさせる作用のあるものです。

 

育毛剤や養毛剤は、すでに生えている毛を維持したり

 

健康を促進したりするものであるのに対し、

 

発毛剤は「毛のないところ」に「毛を生やす」作用があるところが

 

根本的に異なります。

 

毛母細胞に働きかけることによって直接発毛を促進する効果があります。

 

育毛剤について

 

育毛剤は、すでにある毛の成長を促進することを

 

目的とする製品です。

 

これは、血行促進や皮脂分泌を抑制したりして、

 

毛髪の成長を促し、数ヶ月の間に次第に太い毛が

 

生えてくるという効果を目指します。

 

もちろん、すでにある毛の保護や脱毛予防も目的としています。

 

養毛剤よりも効果が強く、有効成分が多く配合されている特徴があります。

 

養毛剤について

 

これは一番効用の弱い種類の製品で、

 

頭皮の状態を健康な状態にととのえて

 

脱毛を予防したり毛髪を保護したりすることを目的としています。

 

このように、3者の違いは、

 

発毛剤は「毛のないところに毛を生やす」、

 

育毛剤は「毛を成長させて保護し、脱毛予防する(強い効果)」、

 

養毛剤は「毛髪を保護して脱毛予防する(弱い効果)」

 

というものになります。

 

医薬品では、このように各々特徴を持つ

 

発毛剤や育毛剤、養毛剤ですが、

 

それぞれ薬機法(旧薬事法)上はどのような分類になるのでしょうか。

 

そもそも、薬機法上の分類には、医薬品・医薬部外品・化粧品があります。

 

医薬品は病気の治療や予防を目的とする効果を持つもので、

 

厚生労働省により認定を受けたものに限られます。

 

医薬品の中には医師しか処方できない医療用医薬品と、

 

薬局でも販売できる一般用医薬品があり、

 

一般用医薬品の中にも第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品があります。

 

第一類医薬品は一番リスクの高い商品で、薬剤師が販売する必要があります。

 

第二類医薬品は比較的リスクのある商品で、薬剤師でも登録販売者でも販売できます。

 

第三類医薬品はもっともリスクの少ない医薬品で、薬剤師でも登録販売者でも販売できます。

 

次に医薬部外品という分類もあります。

 

医薬部外品は、厚生労働省が許可した効用のある成分が

 

配合されてはいるものの、病気の予防のみを目的とした商品です。

 

医薬品と違って病気の治療効果は認められません。

 

さらに、認められる予防の内容も、

 

@ 吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止

 

A あせも、ただれ等の防止

 

B 脱毛の防止、育毛又は除毛

 

の3つに限られています。

 

「薬用育毛剤」とは、医薬部外品の育毛剤のことです。

 

すなわち、育毛剤は確かに医薬部外品に分類されるものが多いですが、

 

中には有効成分が少ないため医薬部外品とならずに

 

単なる化粧品にしかならないものがあります。

 

このようなものと区別するため、

 

医薬部外品に認定された育毛剤を、

 

特に「薬用育毛剤」と呼んでいるのです。

 

当然、医薬部外品として認定されていない育毛剤は、

 

「薬用育毛剤」と表示することは認められないことになり、

 

養毛剤と同様の表示しかできないことになります。注意しましょう。

 


M字はげ 薄毛と抜け毛が加速する!悪い生活習慣に陥っていませんか?

 

育毛シャンプーや育毛剤を使う前に、

 

髪が生えてくる仕組みとしてヘアサイクルが

 

存在していることを理解しておきましょう。

 

ヘアサイクルとは毛が生え代わる周期のことであり、

 

手や足の毛と髪の毛は、ヘアサイクルにもさまざまな違いがあります。

 

髪の毛は切るまでずっと伸び続けるものではなく、

 

毛周期と呼ばれる成長サイクルに合わせて成長し、

 

寿命が来ると自然に抜け落ちます。

 

一度抜け落ちたらそれで終わりというわけではなく、

 

しばらくすると同じ部分からまた新しい毛髪が生えてきて、

 

成長しては抜け落ちるというサイクルを繰り返します。

 

しかし、毛髪の成長に必要な栄養素が不足したり、

 

加齢によって細胞の働きが衰えることで、

 

成長途中の毛髪が痩せ細って抜け落ちてしまったり、

 

その後もなかなか生えてこないということがあります。

 

このような現象は男女ともに見られますが、

 

一般に男性の方が女性よりも圧倒的に薄毛になりやすいとされています。

 

これは、、男性の抜け毛の主要原因と考えられている男性ホルモンがあります。

 

体内で男性ホルモンの一種であるテストステロンが

 

5αリダクターゼと呼ばれる酵素と結び付くと、

 

強い脱毛作用を持ったデヒドロテストステロン(DHT)が生成されます。

 

DHTは毛乳頭に作用して髪の毛の成長を妨げることから抜け毛や薄毛が進行します。

 

また、薄毛は遺伝しやすいといわれます。

 

これは体内の男性ホルモン量が親子間で遺伝しやすいことが

 

原因と考えられています。

 

しかし、遺伝性は数ある原因の一つでしかなく、

 

親が薄毛だからといって子供も薄毛になるとは限りません。

 

特に、健康な髪の毛のためには規則正しい食生活が大切です。

 

栄養の偏った食事が続くと体調不良を起こすように、

 

髪の毛に必要な栄養素が不足すると毛周期が乱れて抜け毛などの

 

原因となります。

 

健康な体づくりにはタンパク質やビタミン、ミネラルなどが欠かせませんが、

 

髪の毛や頭皮にもこれらの栄養素が不可欠です。

 

また、栄養素を摂るだけでなくそれらがしっかり頭皮に行き渡るように、

 

血行や代謝を促進させて細胞を活性化することも大切です。

 

脂っこい食べ物やお酒は、皮脂の分泌を促進して毛穴の詰まりを

 

招くことから皮膚トラブルや抜け毛の原因となります。

 

他にも、ドライヤーやパーマ、カラーリングなどは頭皮への負担が大きく、

 

髪の毛や頭皮に残った整髪料やシャンプーが抜け毛の原因となることもあります。

 

健康な髪の毛のために頭皮を清潔に保つことは大切ですが、

 

ニオイやベタつきが気になるからといって洗浄力の強いシャンプーを使うと、

 

頭皮の刺激となって抜け毛を増やすことになります。